光脱毛やニードル脱毛など種類で違う脱毛方法

夏が近づき、今年も自宅処理で何とか乗り切るのか、思い切ってクリニックやエステサロンで脱毛をするのか悩む時期がやってきました。

特に脇はムダ毛が濃く目立つポイントなので脇脱毛だけでも…と思いますよね。
「よし!今年はお金をかけてでもキレイになろう!」と決心しても脱毛についての知識がない場合、何を基準に選べばよいのか迷ってしまいますのでしっかり理解しておくことが大切です。


脇脱毛について詳しくまとめたサイトはこちら⇒http://xn--ick0al6culjb0809f3n9a2ka.com/

自宅で行うことができる脱毛5種類

自宅処理する場合は、「カミソリ」「毛抜き」「除毛クリーム」「家庭用脱毛器」「ワックス脱毛」の5つの方法のどれかで脱毛することが多いです。

他人に裸を見られることがなく、時間の自由が利くことが大きなメリットですが、カミソリや毛抜きは週に2~3回など頻繁に処理をしなければならず手間がかかります。
脇脱毛もしっかり確認しないと翌日見たら処理が甘かったなんてこともあります。

クリニックやエステサロンで行うことができる脱毛4種類

現在クリニックやエステサロンで行われている施術は、「レーザー脱毛」「光脱毛」「ニードル脱毛」「ワックス脱毛」です。

「ニードル脱毛」は1本1本毛根に直接針を刺して電気で毛根を破壊します。
細かい作業になるので施術者の技術の差によってかかる時間が違うことや、相当な痛みが伴うことから最近はこの方法を選ぶ人は減少しています。
脇脱毛など皮膚が薄いところは特に強い痛みを感じるので耐えるのは大変です。

「ワックス脱毛」はワックスと毛が吸着する力を利用して脱毛します。
エステでも行われていますが自宅でもできる方法なので慣れれば自宅の方が費用は抑えられます。
この方法は1~2か月に1度処理をする必要があり、永久脱毛とはいきません。

脱毛を考えている方のほとんどは「レーザー脱毛」「光脱毛」の2種類の違いについて悩まれていると思いますが、この2つは根本的なやり方は同じです。

黒色に反応するレーザーを肌に照射し毛根を破壊するという方法で、その違いは光の照射量です。
レーザー脱毛は医療脱毛とも呼ばれ、医療機関でしかできません。

光の照射量が多く痛みを伴いますが、少ない回数で脱毛効果を感じやすい方法です。
エステサロンで行われているものは光脱毛もしくはフラッシュ脱毛と呼ばれており、光の照射量が少なく痛みを感じにくい方法になります。